トラック予約受付
システム

01

荷降ろしの「ネット予約化」で、
ドライバー・車両不足を軽減

荷受倉庫におけるドライバーの待機時間や、ドライバー・車両不足が問題となっている物流業界。大塚倉庫のトラック予約受付システムは、インターネットでの荷降ろし時間の予約受付を可能にしました。この事前予約化によって、ドライバーの待機時間の大幅な減少と、ドライバー・車両不足の改善を目指します。

02

ドライバーの待機時間短縮は、
労働環境の改善にも繋がる

AIが配送ルートの提案を自動で行います。これにより効率的な配送、車両の回転を向上させています。配車実績を蓄積することでさらに配車精度が高くなります。

03

段取りがわかるために
入荷もスムーズに

どの荷物が何時につくのかわからなかった現状から計画的な入荷作業を行うことができます。ひいては出荷・配送までがスムーズになります。

ドライバーと荷受倉庫が「つながる」、ストレスのない荷降ろしを実現

ドライバーの待機時間を減少させ、ストレスのない輸配送業務を増やしていくためには、
ドライバーと荷受倉庫が連携して効率化を図る必要があります。
大塚倉庫は、トラック予約受付システムによってドライバーと荷受倉庫、ひいては物流全体がつながる「コネクティッド物流」を目指し、
ドライバー・車両不足といった問題を解決します。