CSRの取り組み

コンプライアンス

大塚グループおよび当社の行動基準

大塚グループは、"Otsuka-people creating new products for better health worldwide"の共通の企業理念のもと、日本経済団体連合会の「経団連企業行動憲章」に基づき、各社において行動憲章を定めています。当社でも、社員各自の行動や組織の活動規範の基本となる「大塚倉庫行動憲章」を定め、コンプライアンス推進に取り組んでまいりました。さらに2014年、大塚グループは、これらの行動憲章を含包する「大塚グループ・グローバル行動規準(Otsuka Group Global Code of Business Ethics)」を制定し、日本のみならず世界中で順守すべき行動基準を定めました。

当社は、この行動基準に則り、ロジスティクスプロバイダーとして、社員一人一人が、法令順守と生命倫理を含む高い倫理観および透明性を持ち、企業理念に基づいた行動を行うことで、皆様からの信頼を得ることを目指しています。

コンプライアンスプログラム

私たちは、「大塚倉庫行動憲章」の具体的な指針として「大塚倉庫コンプライアンスプログラム」を策定・実施しています。コンプライアンスプログラムの「企業活動全般に関わるコンプライアンス」として「行動基準」には、以下のことが規定されています。

  1. (1)全ての法令、社内規則を遵守します。
  2. (2)企業人としての良識と責任を持って、企業倫理を遵守し公正・誠実に行動します。
  3. (3)社会規範を尊重するとともに社会倫理を認識し、社会人として良識と責任を持って行動します。

その他、環境保全への取り組みや不公正な取引の禁止、個人情報の保護などについて、社員が順守すべき行動基準を定めています。