社風を知る

どんな人でも 癒してしまうアイドル 「ヤギ」

2頭のヤギ「サブロー」「シロー」。
それぞれの社員証もあり、当センター敷地内の除草役として大活躍。

どんな人でも 癒してしまうアイドル 「ヤギ」

2頭のヤギ「サブロー」「シロー」。
それぞれの社員証もあり、当センター敷地内の除草役として大活躍。

倉庫にヤギがいると聞いたのですが、本当ですか?

はい、本当です。神戸市北区にある、医薬品専用センターの西日本ロジスティクスセンターにはヤギが2頭仲良く暮らしています。名前は「サブロー」「シロー」。それぞれの社員証もあり、当センター敷地内の除草役として大活躍してくれています。草を食べてせっせと除草をしている姿も愛らしく、ガラス張りの開放的なオフィスからもそんな2頭をいつでも眺めることが出来ます。時には服を食べられそうになることもありますが、とても人懐っこく、皆を笑顔にしてくれ、「癒し」を提供してくれています。私たちに癒しを与えてくれて、しかも彼らのいる本当の理由はエコ除草ですからね。いやあ、頑張ってくれていますよ。

ヤギのいる倉庫は皆さんにとってどのようなものですか?

荷主、パートナー、地域の皆様。弊社のセンターには様々な人が出入りしています。ヤギのいる丘は、私たちに開放的な日常を提供してくれます。朝やお昼の休憩時には、ヤギとじゃれあって皆でわいわい。天気の良い日には楽しくバーベキューをしたりすることも。その傍らでヤギも草を食べながら一緒に楽しんでいます。まるで公園にいるかのような憩の空間を提供することで、社員の働きやすい環境をつくると共に、社外、近隣の方々もヤギを囲んで交流の絶えないセンターにしています。

前へ

社長との「テレランチ」

全員野球でピンチを救う「応召制度」