社風を知る

全員野球でピンチを救う「応召制度」

「何かあったら、みんなで協力する」という風土のもとピンチの時は、本社・支店関係なく集結。みんなでやるって楽しい!

全員野球でピンチを救う「応召制度」

「何かあったら、みんなで協力する」という風土のもとピンチの時は、本社・支店関係なく集結。みんなでやるって楽しい!

応召制度とは何ですか?

物流業界では、通常の日の物流を100とすると、月末や連休前のピーク時には物量は150にも200以上にもなることもあります。その時は、当然、今いる倉庫現場の人手では足りません。だから、「現場・内勤関係なく、全員で作業しよう!」とみんなで手伝いに行くのが応召制度です。全員で現場に入ることで、通常時と同じ時間で倍の物量をさばくことが可能になります。

応召制度はどのような精神なのですか?

大塚倉庫の価値観の一つである「全員野球」の概念が基になっています。「何かあったら、みんなで協力する」という風土のもと、この制度は導入されました。ピンチを迎えたとき、全国の支店から応召があることは、支店にとって心強く、このような環境が整っているのも大塚倉庫の魅力ではないでしょうか。

実際に応召に行かれた方、感想をお願いします!

日頃、内勤していると、物量の変化が分かりにくいのです。そのため、応召制度を利用し、現場で普段よりも多い物量を扱うことにより、ピーク時の大変さや、現場での工夫等を実体験として理解することができるため、より物流を身近に感じることができます。また現場で学んだことが内勤業務にも活きてきます。なんといっても、みんなで仕事をするって楽しいですね!

前へ

どんな人でも 癒してしまうアイドル 「ヤギ」

みんなのいいところをマネしよう!「課外活動日記」